目の下のクマと美容外科

鏡を見ると、何だか疲れた顔の人物がうつっている……人は、人を見て疲れてるな、と思うとき、どこを見て判断してるかって、顔――とりわけ、目なんだそうです。
目を見ると、どんなに元気そうにしていても、何だか疲れてるみたい、調子わるいんじゃない? などと思うわけです。
鏡を見ても、誰かと道で会って見ても、疲れた目の人ばかりを見るなー、と思ったとき、わたしたちの目には、そして、彼らの目には何が起きているのでしょうか?
注目してしまうのは目の下。クマが出来ていたりしたら、何だかやつれてる感じがありますよね。

クマが出来ていて、人に会って「疲れてるんだな」と思われたり、逆に、「このひと疲れてるんじゃないかしら?」と思うのは、そんなに気持ちのいいものではありません。
人の顔はいつでもわたしたち自身の顔であり、それが社会というものだからです。
そういうわけで、ぜひとも治したい目の下のクマですが、そのためには美容外科へ行って、そのクマの種類に合った治療を受けなければなりません。

美容外科は、人の健康の中でも美容――つまり見た目のことを重点的に見て治療を行なっていく医療分野です。
あらゆる分野の医療がそうであるように、美容外科の分野も進化しました。お肌の悩みへの対処法としてレーザー治療などが発達したのです。

レーザー治療は、レーザーによってさまざまな物質を取り除くものですが、クマにもこのレーザー治療が適用されることもあります。
そのほかにも、美容外科で行なわれている治療法にはさまざまなものがあります。

About the Author